泣き顔フェチ2

フェチ系小説集

落田は放課後になるのが待ち遠しかった。自分が担当している地学の授業の時も気がそぞろになって、今日教えてる内容が実はすでに先週やった内容だった…

泣き顔フェチ小説1

フェチ系小説集

女の子とキスしたことすらないゆきおにとって、はるかを「彼女」と呼んでいいのかは分からなかった。 彼女と言うからには、 正式に「告白」して、「…